【3dsMax】3つのステップで覚えるMaxscript

CG

この記事では『ショートカットの登録からオリジナルのインターフェース作成まで。』
をデザイナーができるようになることを目的としています。
また人に教えるための時間をスマートに時短するために作成しました。

スクリプトを覚えることで何度も同じことを繰り返す無駄やミスをなくし、その削減した時間で少しでも多くのタスクをこなし、スキルアップや作品のクオリティアップにつなげてください。

はじめに

スクリプトエディターとリスナー

3dsMaxでは、maxscriptを書く場合にスクリプトエディター(画像左)と呼ばれる
スクリプトを記述するのに適したツールを使い、
リスナー(画像右)と呼ばれる出力結果を確認するツールで確認します。

■ツールの起動場所

  • Scripting>MaxScript Editor…
  • Scripting>MaxScript Listener…

ステップ1

スクリプトの実行 難易度★☆☆☆☆

■スライダーの位置を変更してみましょう。
実行したいコマンド ラインにカーソルを移動させ、
またはコードを選択した状態でテンキーのEnterで選択したコードブロックを実行できます。

全て実行する場合はスクリプトエディタ内のToolsから「Evaluate All」をクリック。
ショートカットはCtrl+Eです。

スクリプトエディターに太字を1行ずつ入力して実行結果を確認してみましょう。

 sliderTime 

>現在のスライダー時間がリスナーに表示されます。

 sliderTime = 10 

>値を代入すると、スライダーの時間を変更することができます。

 sliderTime = sliderTime + 2

>現在の時間に2コマ進ませることができます。

 sliderTime += 2 

>こように記述することが一般的です。

ここからショートカットの登録からインターフェース作成までの流れを説明します。

categoryで登録した箇所がタブで選択可能です。
がスクリプトの名前になります。
macroScript <ツール名> category:<表示名>
(
<実行コマンド>
)

下の参考例をスクリプトエディターに入力して実行してください。

macroScript koma_2forward category:"smartanimation"
(
 sliderTime += 2
) 

「Customize」タブの「Customize User Interface…」を選択すると下の画像のウィンドウが表示されるので、以下の手順で設定してください。

  1. 登録したカテゴリーの選択
  2. スクリプト名をクリック
  3. ショートカットキーを入力
  4. Assignで確定

 

よく利用する割り当て

Keyboard: キーボードのショートカットに割り当て
Toolbars : 画面上のツールバーの割り当て
Quads :クアッドメニュ( 右クリックして表示されるメニュー )の割り当て

ツールの保存場所 難易度★★☆☆☆

■保存場所の取得方法

 getDir #userMacros 

●3dsMax 2020の場合
C:\Users\<username>\AppData\Local\Autodesk\3dsMax\2020 – 64bit\ENU\usermacros

※3dsMaxのビューポートにドラッグ&ドロップしたファイルも
「userMacros」に登録されます。

■備考
「Configure System Paths」の「Additional Macros」から
保存場所の設定が可能です。

UIの作成 難易度★★☆☆☆

3dsMaxでは、ユーザーインターフェースのことをロールアウト(rollout)と呼びます。

rollout <ロールアウト名> <タイトル>
(
)
CreateDialog <ロールアウト名>

3dsMaxには”ビジュアルスクリプトエディター”と呼ばれる、
ユーザーインターフェースを直感的に作成するツールがあるので
簡単にユーザーインターフェースを作成できます。

 

ツールの起動場所
  • スクリプトエディタ内の Tools>New Rollout
  • Scriptingタブ>Visual MAXScript Editor…

Buttonを利用してコマンドを実行してみましょう。

ボタンに表示される名前を変更することができます。
プロパティのcaptionを”>>“に変更

ボタンを選択し、右側のタブのイベント(Events)から
実行コマンドを入力できます。

(
 sliderTime += 2
)

もう1つのボタンも同様に名前を変更します。
btn2ボタンのcaptionを”<<“に変更

(
 sliderTime -= 2
)

セーブすると、ロールアウトの記述が作成されているはずです。

最後にCreateDialog <ロールアウト名>を追加すると、
オリジナルのユーザーインターフェースが表示されます。

try(destroyDialog  koma_rollout )catch()
rollout koma_rollout "smartanimation" width:217 height:137 ( button 'btn1' "<<" pos:[29,50] width:69 height:38 align:#left button 'btn2' ">>" pos:[124,50] width:69 height:38 align:#left on btn1 pressed do ( sliderTime -= 2 ) on btn2 pressed do ( sliderTime += 2 ) ) createDialog koma_rollout
try( destroyDialog   <ロールアウト名> )catch()

先頭に上記を加えると、複数起動を防ぎます。

ステップ2

ヘルパーのプロパティの取得/変更、クラスを覚えましょう。

ヘルパーの作成 難易度★☆☆☆☆

point() 

ここで括弧()が必要な理由は、下で説明するヘルパーが持つプロパティを規定値で省略した記述という意味です。

point size:100 centermarker:False axistripod:False axistripod:False cross:True box:False constantscreensize:False drawontop:False  

プロパティ 難易度★☆☆☆☆

プロパティを知ることで、scriptからアクセスできる情報を知ることができます。

ヘルパーを選択した状態で実行して実行てください。

 showProperties $ または show $ 
ヘルパーのプロパティ結果
  • .size : worldUnits
  • .centermarker (Center_Marker) : boolean
  • .axistripod (Axis_Tripod) : boolean
  • .cross : boolean
  • .box : boolean
  • .constantscreensize (Constant_Screen_Size) : boolean
  • .drawontop (Draw_On_Top) : boolean

ヘルパーにはサイズ(.size : worldUnits)というプロパティを持っていることが分かるので、サイズのプロパティに値を代入してみましょう。

$.size = 100 

ヘルパーを選択した状態で実行して実行し、
サイズが変更されれば成功です。

クラス 難易度★★☆☆☆

classOf $ 

クラスを使用することで、のちのち特定の対象(オブジェクトやライト)にのみコマンドを実行することが可能になります。

lights.enabled = false 

シーン上のライトクラスのみ影響させてみましょう。
効果がOFFになれば成功です。

ステップ3

ここから難易度が上がります。
ただし、ForループとIF文を習得できれば開発できるツールが増えるので、ぜひ頑張ってください。

Forループ 難易度★★★☆☆

for ( in | = ) ( do | collect )

まずは挙動を確認してみましょう。

for i = 1 to 10 do
(
 print i
) 

選択したオブジェクトに対して処理を実行させる。
ということをよく使います。

for sel in selection do
(
 print sel.name
) 

ここでは選択したオブジェクトを”$”ではなく変数”sel”として扱っています。
すぐに理解できなくても、「なんとなくそういうものだ。」程度に思ってください。

IF 難易度★★★☆☆

■IF文を覚えることで、エラー対応が可能になります。
正しい場合は「True」
正しくない場合は「False」

if <expr> then <expr> [else <expr>]

exprが何かは無視して…下の参考コマンドを見てください。

for obj in objects do
(
 if classOf obj == Point then (
 format "point:%\n" obj.name
 )
 else (
 format "other:%\n" obj.name
 )
) 

シーン上にヘルパーがあればリスナーに名前が表示されます。

ファンクション 難易度★★★★☆

function <任意の名前>
(
)

単調な処理を1つにまとめることで、同じ処理を何度も書く必要がなくなりミスが減るうえ、
別のプログラムに使いまわすことも可能になります。

function setPointSize size:25 =
(
 for sel in selection do (
 if classOf sel == Point do (
 sel.size = size
 )
 )
)
setPointSize size:1000

選択したオブジェクトの中にヘルパーがあればサイズに値を代入します。

setPointSize() 

サイズの値を省略することもできます。

まとめ

何度も同じ繰り返すコマンドなどはショートカットや自作のツールで作業スピードを上げて頑張りましょう!